美容整形 FACE OFF

インプラントバストアップのメリット、デメリット

インプラントを行う場合に、バッグは大胸筋の下に挿入する方法と、乳腺下に入れる方法の2種類があります。ちなみに大胸筋は肋骨の上にあって、乳房を支えているのもこの筋肉です。一方の乳腺は乳房の中にあります。

最近では授乳などで重要な乳腺を傷つける乳腺下法よりも、ワキの下を切って大胸筋下にバッグを入れるインプラントが主流になっています。ただ乳腺下法には、大胸筋法に比べて術後の痛みが少なく回復が早いというメリットもあるために、今後出産の予定がない中高年の希望者には時々行う場合もあります。


バストアップのための手術方法

形を整えるために重要なポイントは、まず美容形成手術前のマーキングです。患者さんに座ってもらった姿勢で、インプラントのモデルを用いて印をつけていきます。美容形成手術は仰向けに寝て局部麻酔、または全身麻酔で行われます。

大胸筋下法はワキの下を3cmほど切開して、乳腺下法ではバストの下など目に付かない場所をやはり3cmほど切開します。そこから何も入っていないバッグを差し入れて中で形を整えて、そこで初めて整理食塩水を注入、または適切な大きさのハイドロジェルバッグを挿入するのですが、生理食塩水の場合は十分に量を入れなければripplingといって肌の表面が泡立つように見えてしまったり、揺れると音がするようなこともあります。いったんこのような現象が起こってしまうと、バッグを取り出して挿入しなおさなければなりません。

手術後の注意点

美容形成手術後4日ごろからは、マッサージを欠かさないようにします。インプラントでは異物を挿入するために、人体は「カプセル・フォーメーション」といって、バッグの周囲に被膜を作り自らを防御しようとするからです。これを放置しておくと、バストそのものが硬くなってしまう恐れがあるので、術後半年〜1年ぐらいまではマッサージを続けるようにします。

しばらくはワキから胸にかけてやや引きつれた感じが残ります、この時期は重いものを持つことは避けましょう。抜歯後は上腕を上げ下げする運動を行うことで、徐々に引きつれなどの違和感をなくすことができます。インプラントを無理に押し上げるとバストの変形をきたす場合もあるので、術後3ヶ月程度はワイヤ入りのブラジャーをつけないように心がけることも大切です。


ワンポイントアドバイス

バッグを挿入する場所は大胸筋の下、または乳腺の下のいずれかですが、乳腺を傷つけない大胸筋下法が現在の主流になっています。



注目サイト
札幌 脱毛サロン

最終更新日:2017/11/13