美容整形 FACE OFF

インプラントバストアップ

バストアップ(豊胸術)として、現在の日本で行われている美容形成方法は大きく分けて2種類があります。1つ目はハイドロジェルバッグ、生理食塩水バッグなどの「インプラント」を大胸筋下または乳腺下に入れる方法、もう1つは脂肪注入方があります。主流は圧倒的にインプラントで、実際の、美容形成の豊胸術の94%以上はインプラントを用いて行われています。

バッグのサイズ、形などはサンプルを見ながら決めることができます。主な形の種類は円錐形で乳首が円の中心にくるラウンドタイプ、乳首が円の中心よりやや下にくるアナトミカルタイプ、涙型のティアドロップタイプ等があります。

バッグの内容物もさまざまな成分が使われていて、それぞれにメリット、デメリットがあります。

インプラント バッグの内容物種類

ハイドロジェルバッグ

中身が「ムコ多糖体」のインプラントです。

サプリメントのカプセルにも使われていて、万が一バッグが破損した場合でも、人体に悪影響はありません。

仕上がりも自然な感触が得られるので人気があります。

 

 

 

生理食塩水バッグ

点滴のベースにもなっている生理食塩水が中身なので、染み出た場合でも安全です。

また手に入りやすい点からも多くのクリニックで使われています。

ただしバッグに水を入れる際には、中途半端な量ではへこみができるために、一杯に満たさなければなりません。

指でこれを押すなどして触ると予想外の硬さを感じることになります。たとえ大胸筋の下に入れたとしても、硬さは否めません。

シリコンジェルバッグ

現在、日本では入荷が許可されていないインプラントです。アメリカを中心に1960年代頃か

ら盛んに使われるようになりましたが、一部、自己免疫疾患の素因を持っている人たちの間で、破れたバッグから流出したシリコンが有害になった経緯があって、製造が中止されました。

その後の研究によって、発ガン性などとの関連も薄いことがわかったために、アメリカやイギリス等では医師の診断のもとにシリコンが使われるケースも増えています。最近ではコフィーレントオフィシブシリコンジェルタイプと呼ばれる柔らかいジェル状のものが開発されています。ただし、日本では個人輸入でしか入手することはできません。


ワンポイントアドバイス

人体に影響のないバッグを大胸筋や乳腺の下に挿入する、インプラントが主流です。ハイドロジェルバッグや生理食塩水バッグなど、中身によっていろいろな種類があります。



Favorite

クライアント第一の株式会社PROWALK

Last update:2017/7/31