美容整形 FACE OFF

大人の歯のインプラントと矯正治療

 

インプラント治療

インプラントとは、大きな意味では生体内に植え込む人工物の事を指します。

歯科の領域では歯科インプラントとか口腔インプラントと呼ばれています。

歯が抜けてしまった部分の歯槽骨(歯を支えている骨)に人工の歯根を植えて、その歯根の上に人工の歯冠(上部構造)を製作して、なくなった歯が存在していた頃を再現するという治療法です。

インプラント治療の手順

歯根型インプラントの植立手術の術式はシステム化されていますので、安心できる手術です。一般的には、まず植え込むインプラントの直径に合わせた形成器具でインプラントを植えるホールを歯槽骨に形成していきます。そこにインプラントを無菌状態で植え込んで、植え込んだ部分の粘膜を各々のインプラントシステムが推奨している方法で縫合して植え込み手術は終了です。その後、インプラント周囲の骨がインプラントと結合するのを待ってから、インプラントの上に支台装置を取り付けてクラウンなどの上部構造を製作・装着してインプラント手術は完成です。症例によっては噛み合わせを調整するためや、審美的な形態を確認するためなどで、仮の歯で経過を見るということもありますが、大きな流れはこのような感じになります。

インプラント治療のメリット・デメリット

メリット

1. 自分の歯と同じような感覚でものを噛むことができて、食べ物の味や感触がよくわかります。
2. 周りの歯を傷つけることはありません。
3. 見た目は自分の歯とほとんど同じように、綺麗に仕上げてくれます。
4. インプラントが顎の骨に力を加えますから、顎の骨が痩せるのを防ぐといわれています。

 

デメリット

1. 下顎骨にインプラントを埋入する場合に、下顎の下の方を走行している神経をドリルで傷つけてしまうと麻痺が出たりします。
2. 上顎奥歯の部分は骨が薄く、インプラント手術が難しい場合があります。その場合は造骨してインプラントを埋入する方法を用たりします。 造骨は人工の骨補填材(リン酸カルシウム)を使います。それが骨に置換します。

 

 

歯の矯正

子供だけでなく、最近増えてきているのが大人の歯の矯正治療です。

動機は噛みにくい、発音しにくいなどの他に、歯並びを治し、口元をきれいに見せたいと願う人も少なくありません。

悪い歯の位置を変えたり、上下の顎の一部を変化させる矯正治療はそのためのひとつの方法なのです。

 

歯の矯正治療

治療の手順としては、まずは矯正相談を行い、患者さん自身が持つ美のイメージを話し合います。前歯の歯並びだけを整えたい方や、歯並びだけでなく口元の突出感も治したい方などさまざまなパターンがありますが、この相談内容と検診相談内容を検討して、治療計画および治療費の確認等をしていきます。口蓋裂や顎変形症などを除いて保険の適用はされませんので、よく確認しておくことが必要です。毎月1回程度の治療を行って、治療法や症状などにより異なりますが、通常2〜3年を要します。

歯の矯正治療のポイント

治療のポイントとしては、

@前歯の配列、

A全体的な噛み合わせ、

B歯肉、

C横顔における鼻〜唇〜下顎の輪郭(Eライン)、

D会話やほほえみ時の歯、唇、歯肉などのバランス(スマイルライン)

などに注意して治療を行います。顎の形を変えるためには、場合によっては骨切り手術など外科的処置を併用することもあります。

口元の美しさに関しては、矯正治療以外にも人工歯を用いて歯の形や位置を修復したり、歯の色を白くする治療もあります。今後は歯科的治療と外科的治療を組み合わせた総合的な治療へと移行すると考えられます。


ワンポイントアドバイス

歯の治療とともに美しい歯並びや口元にも関心が高まってきています。成人の方の場合は歯の矯正治療に2〜3年を要し、顎の突出などを変えるために骨切りを併用する場合もあります。

 

 

インプラント - Wikipedia



check
ガーデニング用品の販売
http://store.shopping.yahoo.co.jp/usersbrige/

2015/3/19 更新